プロテオグリカンには種類があります

健康食品や、サプリメント、そして化粧品など、今やさまざまな商品に配合されているプロテオグリカン。

実はプロテオグリカンというのは1種類ではなくて、さまざまな種類があるってご存知でした?例えば、プロテオグリカンというとシャケの軟骨から抽出するものが比較的有名ですが、サメやイカから抽出されるものもあるのです。また、抽出方法も化学薬品を使用するものから、薬品不使用のものまでさまざま。それぞれのプロテオグリカンは何からどのように抽出されたかによって、成分が持っている効果・効能が違うのですが、化粧品に配合されるときには、全て「水溶性プロテオグリカン」と記載されてしまいます。これは化粧品の全成分には、商品名ではなく成分名を記載するという規定があるため。本当ならプロテオグリカン〇〇というように、それぞれの原料会社が独自の名前をつけているのですが、これは商品名称なので記載することができないのです。

ディファインビューティがおすすめするプロテオグリカン

さまざまな種類がある中で、ディファインビューティがブランド設立からずっと変わらずに使っているのは、プロテオグリカンIPCというプロテオグリカン。

これは青森県が中心となり、弘前大学と株式会社各弘が、官・学・民の力を集結させて研究開発されたプロテオグリカンなのです。他のプロテオグリカンに比べて何がすごいかというと、圧倒的な研究結果があること。弘前大学はプロテオグリカンの研究では日本一と言っても過言ではない研究室を持っているため、そこが中心となって研究・開発を進めているプロテオグリカンIPCは、さまざまな効果・効能が認められているのです。まず、抽出方法からしてこだわりが違います。プロテオグリカンIPCは食用のお酢を使ってプロテオグリカン を抽出しています。

これ、実はすごいことなのです。なぜなら、通常プロテオグリカンを抽出するには化学薬品が使われているから。プロテオグリカンIPCは、サプリメントとして飲む、または化粧品として肌に塗ることを考えて、薬品を使わずより安心なものでプロテオグリカンを取り出したいという研究者が、さまざまに試行錯誤を重ねてやっとお酢によって取り出すことに成功し、量産化に成功するまでには何と20年もかかっているのです。そしてこの抽出方法は、3カ国で特許を取得しています(日本・アメリカ・ロシア)

プロテオグリカンIPCのすごい効果・効能

プロテオグリカンの美容効果で一番にあげらるのは、保水力。ヒアルロン酸よりも高い保湿力があると言われています。

プロテオグリカンIPCには、この保湿力だけではなく自ら潤いを生み出す力があることが、研究で認めれています。それは、ヒアルロン酸産生効果。言ってみれば外からヒアルロン酸を届けなくても、お肌が自らヒアルロン酸を生み出すスイッチをプロテオグリカンIPCが押してくれるのです。また、ハリに対しても同じような効能があることが分かっています。ハリと言えばコラーゲンが大切ですが、プロテオグリカンIPCにはコラーゲン産生力も認められているのです。ヒアルロン酸もコラーゲンも加齢とともに減少していく美肌成分ですが、プロテオグリカンIPCはこれをお肌が自ら生み出すスイッチを入れてくれる、まさに、細胞レベルで美しさを与えてくれる成分だと言えるのです。また、最近の研究でハリはプロテオグリカンがなければ生み出せないということも解ってきました。お肌の中でプロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンの3つが揃うと、ハリの元である細胞間マトリックスが形成されることが研究により解ってきたからです。そしてこの細胞間マトリックスこそが、お肌のハリを中から支えてくれる最も大切なものなのです。

この他にもプロテオグリカンIPCは、

●肌荒れ防止作用●EGF様作用●肌弾力改善作用●ニキビ改善作用●シワ改善作用

などの効果が認められています。

たった1つの成分で、こんなにさまざまなことができるってすごいですよね。

プロテオグリカンIPCは、薬への応用も現在研究がなされています。弘前大学を中心に、どんどん新しい研究が進んでいる素晴らしい成分なので今度もさらに新たな効能・効果が分かってくると思うと今からとても楽しみです。