これだけ使ったら、絶対美肌になれる
これを使ったら、エイジングサインにさよならできる。
こんな商品を、みなさん探し求めていると思うのです。でも、何かひとつで全てのお悩みを解消してくれる商品は、残念ながらありません。
でも、実はたった2つのことに気をつけるだけで、エイジング(老化)を遅らせてくれる方法は、あるのです。

●エイジング(老化)とは?

まず、エイジングとは何かを考えていきましょう。私たちは生まれてからずっと、毎年歳をとっていくのだから、その意味では、毎年エイジングしています。エイジングは、英語で歳を表すageに、進行形のing をくっつけてできた言葉なので、言葉からみても毎年エイジングする感じが分かりますよね。
でも、若い人が年を重ねることにエイジングとは言わないで、マダム世代になってから、急にエイジング(老化)と言うのはなぜでしょう?
それは、年を重ねたことによる変化が、現れるから。
私たちの身体(もちろん、お顔の皮膚も)は、細胞分裂を繰り返して、構成されています。
ひとつの細胞は、決められた期間が終わると死んで、また新しい細胞ができて入れ替わるのです。
例えば、胃の粘膜は早ければ3日で全てが入れ替わると言われています。なので、身体の全ての細胞は、早いもの、遅いもの合わせて数年で入れ替わっています。

●エイジングサインは細胞のコピーミス

全ての細胞が入れ替わるのに、私たちの見た目は、全く別人になることはないですよね?
それは新しくできる細胞が、前にもあった細胞をコピーしていくから。なので、基本的には入れ替わっても同じ見た目になっているはず…なのですが、このコピーに不具合がでるのが、エイジングなのです。
前にも書いていますが、例えば、カラーコピーをカラーコピーして、またそれをカラーコピーしてを繰り返すと、元の色と違ってきますよね。
中には、薄くてよく読めない文字が出てきたり…
分かりやすく言うと、この、1番元のカラーコピーの状態が若い頃の細胞だとしたら、コピーされて色が薄くてよく読めないようになってしまっているのが、年を重ねた細胞なの。
なので、若頃の元データがそのままコピーされれば見た目も若くいられるのですが、劣化したコピーがさらに劣化を呼ぶという悪循環におちいると、ますます見た目年齢が上がって、老けた印象になってしまうのです。

●皮膚の老化の約70%は、光老化

エイジング(老化)を早める1番の原因が、実は紫外線。なぜかというと、紫外線はお肌の内部にはいって、細胞を壊してしまうから。細胞が壊されるということは、コピーするべき元データにダメージが出てしまうのと同じなのです。赤色をカラーコピーするはずなのに、赤じゃなくてピンクになっているものでカラーコピーをはじめたら、繰り返すうちに、ピンクどころか白っぽい色になってしまっていた…というイメージ。
なので、肌内部に紫外線を入れない、紫外線ケアが、エイジングを防ぐにはとっても大切。そのためには、1年中の日焼け止めが欠かせません。

●1に保湿、2に保湿

そして、2つ目のケアとして欠かせないのが、保湿。お肌は保湿されていないと、外部刺激に敏感になってしまいます。たとえて言えば、屋根や壁のない家に住むようなもの。そんなお家に住んでいたら、雨や風が吹き込んで、体を壊してしまいますよね。お肌も同じ。保護されていないと、内部の細胞の生まれ変わりが上手くいかなくなってしまうのです。だから、美肌にとって保湿は何よりも大切。

●最後にまとめておくと、少しでも良い状態で細胞をコピーしていくことが、老化の防止に繋がります。そのためには、まず、紫外線を防ぐこと、そして、しっかり保湿!この2人が何よりも大切。