●美白コスメとは

夏が近づいてくると、たくさんの美白コスメが店頭に並びだしますよね。「美白」と謳うには、有効成分を配合して、”医薬部外品”または、”薬用”とする必要があるので、
美白=医薬品、だから効果バツグン!のイメージが強いのではないでしょうか?

美白と聞くと、読んで字のごとく”肌の色を白くしてくれる”、または、”シミを無くしてくれる”と思われがちですが、実は、美白コスメで色を白くすることも、シミを無くすこともできないのです。

美白コスメのパンフレットや雑誌の記事をじっくりと見たことありますか?
美白の文字の横に小さい※が、必ずついています。この※を探すと、小さな文字で”メラニンの生成を抑え、シミ•ソバカスを防ぐこと”と書いてあるのです。
だから簡単に言うと、美白コスメは、”肌の色を白くする”でも、”シミを薄くする”ためでもなく、”メラニンの生成を抑えるため”に作られているのです。

●美白コスメの正しい使い方

そもそも、なぜメラニンの生成を抑えることが美白なのでしょう?
私たちのお肌は、紫外線を浴びるとメラニン色素を生成します。その理由は、紫外線はお肌の中でさまざまなダメージを与えるので、紫外線がお肌の中まで届かないように、メラニン色素がブロックしてくれるためです。
できてしまったメラニン色素は、紫外線をブロックする必要がなくなったときに、だんだんと肌内部から上に上がってきて、最後は角質細胞となって剥がれ落ちます。

ですが、この「メラニンを生成する→必要なくなったら剥がれ落ちる」のサイクルが、加齢やストレスによって乱れてしまうことがあるのです。
だから、本来ならもう必要ないから剥がれなくてはいけないメラニンが剥がれずに蓄積されてしまったものが、シミなのです。

なので、シミの原因になるかも知れないメラニンがたくさんできることを抑える、
というのが美白コスメ役割なのです。

まとめると、美白コスメは将来できるかも知れないシミ•ソバカスを予防するために使うのが、正しい使い方。あくまで予防なので、今あるシミを薄くすることや、お肌を白くすることはできないことを覚えておいてくださいね。